前橋商工会議所青年部 緑水会

基本方針

代表幹事 小林 祐介

 新型コロナウイルス感染症の拡大が日本でも本格的になり1年が経過いたしました。
この未知のウイルスにより世界的なイベントである東京オリンピック・パラリンピックも延期になるなど、当初に想像していなかった事が次々と起こる令和2年度となりました。
我々、前橋商工会議所青年部・緑水会の活動も大きな影響を受け、例会・事業の中止や内容変更など余儀なくされました。そして、令和3年度を迎え昨年度に引き続き代表幹事をさせていただくことになりました。
昨年度と違い、予想できなかったとは言えない1年となり私としても改めて責任を重く感じております。

令和2年度は「縁」を大切に活動していこうと事業計画を立てさせていただきました。
残念ながらコロナ禍の影響で思い描いていたような活動を行うことができず、対外的な例会はもちろん、会員同士で集まることさえ難しい時期もありました。
しかし、出来ることを検討し、WEBを活用した例会・役員会の開催や配信など今までには出来なかった新しい取組も行うことができました。また、創立以来43年間変更のなかった会員の年齢制限について、1年延長し46歳とすることにいたしました。
検討する期間も短い中ではありましたが、将来より良い緑水会にするために会員同士でも話し合い、臨時総会にて全会一致で可決されました。

令和3年度においてもコロナ禍以前の状態に戻ることはないでしょう。例会や事業も計画通りには実施できない可能性があります。
しかし、出来ることを検討し状況に応じた開催方法を模索します。また、昨年度と同様にWEBの活用推進をはかります。活動を通して会員の成長や企業の発展を目的とすることは変わりません。
業種においてはコロナ禍の影響を大きく受けるなか、新しいチャレンジなどをしている企業もあります。
有益な情報の提供や各企業の情報共有、そして互いに出来る助け合いなどを緑水会で培われた人脈を活かして行ってまいりたいと思います。
この大変な時期を共に乗り越えたことが更に深い「縁」となり、将来にわたる仲間を作っていけるのではないでしょうか。そして、令和4年度は創立45周年を迎えます。今年度は45周年準備委員会を設け検討を始めてまいります。
その先には大きな節目となる創立50周年や群馬県連では令和7年度に日本商工会議所全国大会の主幹地として伊勢崎YEGが立候補しております。
近い将来の活動を見据えながら、足元の緑水会活動をしっかりと行っていきたいと思います。そして、感染拡大を抑えたのちには、飲食を伴い多くの仲間と語り合い深い「縁」を作っていきたいと思います。

ミニカレンダー

前月2021年 5月翌月
      1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
ニュースニュース 予定予定