前橋商工会議所青年部 緑水会

役員・委員会紹介

行動指針

  1. 親会である会議所の行事に積極的に参加すること
  2. 行政を良く理解し協力すること。
  3. 各種行事を全会員の力を合せ行うこと。
  4. 会員相互の理解を深めること。
  1. 多くの人脈と豊富な知識を得ること。
  2. 自らの企業の発展に努めること。
  3. 地域社会の繁栄に貢献すること。

組織図

 

総務委員会 委員長 清水 博志 <小林 副代表幹事>

総務委員会では、毎月行われる役員会、年2回の定時総会と臨時総会の運営にあたります。
また、予算管理、備品管理等、青年部の活動が円滑に進むようサポートしていく役割を担います。
事業においては、前橋まつりにおいて緑水会神輿例会として緑水神輿の運営を行い、11月には長野県長野市で行われる全国会長研修会への参加の企画を行います。きめ細かい事前準備を含め、各委員会との連携を強固にし、緑水会全体を調整いたします。

広報委員会 委員長 小林 裕二 <高橋 副代表幹事>

広報委員会では、ローズ・クィーンを選出するコンテストを開催し、選ばれた2名と共に市内外のさまざまなイベントに参加し、緑水会や前橋市を積極的に広報活動して参ります。
また、8月には家族でも楽しめる前橋花火大会、1月には新年を祝う新春例会を担当致します。
さらに、1年を通じて緑水会の様々な活動を記録収集した広報誌「水と緑」を発行し、メンバーはもちろん、先輩方へもご周知いただくと共に更なる会の発展を目指して参ります。

会員委員会 委員長 元田 智之 <小林 副代表幹事>

会員委員会では、毎月の委員会及び会員、会員ご家族、先輩方との親睦・交流を目的とする事業の企画・運営を行います。
ファミリー親睦例会、クリスマス例会では多くの方々との交流の場を設けます。
また、緑水会の為に尽力していただいた卒業生を敬う送別記念事業の企画・運営を行います。
そして新入会員研修会を通じて緑水会の活動の意義や魅力を学んでいただき、今後の緑水会を担う人材の育成を目指します。

経営委員会 委員長 池津 崇延 <荻野 副代表幹事>

経営委員会では、地域経済及び会員各企業の発展こそが緑水会活動の力となることを踏まえ、「前橋市政の現状や展望を学ぶ」「先駆者の経験から学ぶ」「自らの目で視て肌で感じて学ぶ」をテーマに会員の知識力・情報収集力・コミュニケーション力の向上を図るべく活動してまいります。
また、本国が激動な世界の潮流のなかにあるものの、一定の平和が築かれ守られていることを改めて理解することを目的といたします。

地域委員会 委員長 河島 優樹 <高橋 副代表幹事>

地域委員会では、事業を通して前橋の魅力を高め、誇れる街づくりを推進してまいります。
4月には緑水会の新体制、及び事業方針を発表する場を兼ねた「観桜例会」、9月には誇れる地域を作れるようなイベント「地域振興例会」、12月には会員の一年を労う「合同忘年会」、2月には日本YEGの事業である「全国大会」参加の企画・運営を行います。
地域委員会と言う名のもと、地元前橋の地域活性化を図るべく1年間全力で邁進してまいります。

事業委員会 委員長 大門 龍一 <荻野 副代表幹事>

事業委員会では、5月に緑詩会の先輩方との懇談例会、10月には関東ブロック大会への参加、2月には「上州空っ風凧揚げ大会」を担当致します。
また、前橋市の冬の風物詩である「上州空っ風凧揚げ大会」では前橋市、前橋観光コンベンション協会と協力して伝統を守り、そして前橋市の活性化に貢献出来るように取りくんでまいります。

ミニカレンダー

前月2019年 12月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    
       
ニュースニュース 予定予定