前橋商工会議所青年部 緑水会

アーカイブ | RSS |

平成24年 新年挨拶 代表幹事 町田憲昭 2012-01-19

明けましておめでとうございます。
私たちは東日本大震災に始まった激動の2011年を終えました。
歴史に残る大震災につづき、列島各地を襲った水害や、タイの大洪水などの自然災害。国内におさまらず、世界中に影響を与えた原発事故。アラブの春に象徴される、中東やアフリカの民主化運動、あるいは内戦。ユーロ危機や超円高。そして、年末、俄に不安定さを増した北朝鮮問題。
このように、枚挙に暇がないほど山積する諸問題が、何一つ解決されないままに、2012年は繰り越しスタートをいたしました。
日本は、戦後誰も経験したことの無いような危機に対処しなければなりません。とりわけ、私ども青年経済人にとっては、この国の未来のために、現在の日本を取り巻く閉塞感、停滞感、失望感から、目をそらさず、今の現状を冷静に見据えた上で、行働することが、歴史的使命であるといえるでしょう。
今、私どもがすべきことは、それぞれの地域の青年経済人である我々YEGメンバー一人一人が、自らの属する企業の発展、自らが属する地域社会の発展のため、常に先頭に立つことです。そして、この先どんな時代になろうとも、世の中から必要とされる組織、必要とされる人間になるべく行動することが、最も大切だと考えます。
まずは、しっかりと、地に足を着け、浮足立たずに、やるべきことをやりたいと思っています。
こんな中、緑水会は本年、創立35年周年を迎えさせていただくこととなりました。このように素晴らしい会を作っていただいたき、そして、当会の歴史を連綿と紡いでいただいたことに対しまして、全ての先輩方に敬意を表すると共に、ご協力を頂いた親会、並びに、多くの関係者の方々、そして、全ての前橋市民の皆様に、心より感謝の意を表したいと思います。
緑水会の存在意義、目的は、「会員それぞれの企業の発展と前橋市の活性化とを両輪ととらえて活動し、その活動を通じて会員自らが人間として、そして、経営者として成長する場である」と考えます。これからも、変わることなく、このことを念頭に置き、会員皆さんと共に協力し活動して参りたいと思います。
本年も私ども緑水会に対しまして、皆様に多大なるご支援、ご協力をお願い申し上げまして、新年のあいさつとさせていただきます。ぜひ、平成24年は、明るい話題で溢れた年にしましょう。



ミニカレンダー

前月2020年 1月翌月
   1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
       
ニュースニュース 予定予定